読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青い梟の輪郭

感じたことを括り直すための内的な語りや対話です。

2月だ。

おっと、2月だ。

とりあえず1月のことを書いておこう。

 

続きを読む

寝起きに散歩

皆がそれぞれに生み出した色んなものが、どのようなものであれみんなで共有して然るべきだという不動の前提がもしあったなら、作る過程を隠す必要も、作ったものを公開しようと努力する必要もなくなる。

最初からフルオープンな世界なら、何気なくごく当たり前に淡々と好きなことに没頭するだけでいい。

続きを読む

【カラマーゾフの兄弟に学ぶ ①】 「成長」なんてありえない。

今なお色褪せることのない、ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』と、ドストエフスキー研究から独自の対話論を描き出したミハイル・バフチンの『ドストエフスキー詩学』。勉強の一環として、両者への学びを踏まえた対話をしてみることにした。この対話はいつまで続くか分からない。とりあえずイワンらしき人物とアリョーシャらしき人物に任せてみたいと思うので。

続きを読む

FF15をプレイして

シリーズは6から13まで(11を除く)やってて、信者とまではいかないけど、好きは好きで、とても楽しみにしていた。

でも20時間ほどやってみて、これはおもしろくないと悟ってしまった。

RPGが好きな人間のひとりとして、行き場のないこの虚しい気持ちを、感想文として残しておくことにした。

 

続きを読む

看板のない世界への一歩

スナフキンは看板を嫌う。

現実としての「意味」が固定されるのが嫌なんだろうと解釈できる。

たとえその「意味」が未来の生存を保障するものであったとしても。

「意味」は絶えず変化に晒されていて、未来はいつだって予測できない。

スナフキンが好むのはきっとそういう世界だ。

 

続きを読む